Event is FINISHED

アラブ音楽Night -アラブヴァイオリン奏者&歴史研究 木村氏の社会へのまなざし

「わたし」と「社会」のリ・デザイン展 EDAYA JOURNEY展 vol.2内イベント
Description
「わたし」と「社会」のリ・デザイン展 EDAYA JOURNEY展 vol.2 内イベント
→展覧会趣旨の詳細に関してはコチラをご覧ください。


2013年3月に第1回を開催したEDAYA JOURNEY展。失われつつある北ルソン山岳先住民族カリンガの竹楽器の今を、現地取材を通して切り取り、映像や写真にて発表しました。第2回目となる今回は、前回の展覧会から一歩深く踏み込んだカリンガの世界観を、日本の皆さまにご紹介するとともに、ご覧くださった方が、自らが生きる世の中のあり方(日本)と自分との関係性を見直すきっかけとなることを願って企画しています。テーマは、「わたし」と「社会」のリ・デザイン。年間3万人が孤独死で亡くなる国日本で、孤独死などなかなか起こりえない南の島の秘境カリンガに生きる人々の事例を紹介することが、「あなた」自身の社会への関係性の再考を問うことにつながるのではとの思いから、私たちなりの挑戦的な展示を予定しています。

そんな展覧会の中で開催される特別イベントも、ゲストのみなさん自身がそれぞれの活動フィールドで、どのように社会との関係性を紡いできたのかをご紹介し、来てくださる皆さんにとってのインスピレーションとなるような構成を考えました。

本イベントのゲストは、アラブヴァイオリン奏者の木村伸子氏。演奏家でもあり、アラブ音楽や歴史の研究をされていらっしゃいます。その2つの立場を通して、氏がどのように音楽と向き合い、それを通してどんなメッセージを世の中に投げかけようとしているのか、本イベントを通してじっくり伺うことができればと思っています。イベントでは、氏のプレゼンテーションに続き、フィリピン カリンガ族の伝統竹楽器の記録や次世代への継承も行うEDAYAより代表の山下との対談も行います。伝統と変化。伝統的な音楽も時代と共に変化し続けています。でも、その中の何を大切にし、どう世の中に伝え、届けていくのか。難しいテーマだからこそ、時間をかけて氏の考えを伺うとともに、深くテーマを掘り下げた対談をできればと思っています。

なお、当日は演奏もしていただきます。以前の別の会での演奏の様子はこちらからご覧いただけます。
多くの皆様のご来場をお待ちしています。

【ゲスト プロフィール】

木村伸子(きむらのぶこ)

アラブヴァイオリン奏者。東京大学文学部歴史文化学科卒業、同大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。2009年よりカイロ大学に留学。歴史学を学ぶための留学であったが、留学中にエジプトの伝説的ヴァイオリン奏者、アブドゥ・ダーゲル氏に出会い、師事。アラブヴァイオリン奏法を学ぶ。帰国後は早稲田大学大学院にてアラブ音楽の研究を行いながら、各地にて演奏、講演活動を行う。


☆開催概要☆
【日時】6月5日(金) 18時開場 18時30分~20時30分

【場所】六本木ストライプスペース 
http://striped-house.com/access.html

【定員】40名

【参加費】前売り:3000円(peatix経由、イベント前日まで発売) 当日:3500円 (現地払い)
なお本イベントの参加費は、イベント開催に必要な経費を除いた分はすべて展覧会準備とフィリピンからの招聘費に充てられます。

【申込み】本peatixイベントページよりお申込み下さい。

【プログラム】
18:00 開場
18:30-18:45 イントロダクション by EDAYA山下
18:45-19:00 木村氏からのお話
19:00-19:30 EDAYA山下との対談
19:30-20:00 演奏
20:00-20:30 交流タイム
20:30 イベント終了


Event Timeline
Fri Jun 5, 2015
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
六本木ストライプスペース
Tickets
前売りチケット ¥3,000

On sale until Jun 4, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都港区六本木5丁目10−33 ストライプハウスビル Japan
Organizer
EDAYA
54 Followers